Fire Fighting Global Leader!

火災検知/監視カメラシステム

火災検知/監視カメラシステム

チャンソンエース
システムの流れ
システムの概要

これは、石炭ストレージと石炭運搬設備の火災防止のために火災検知カメラシステムである。 赤外線カメラは、有煙炭からの炎の有無を検出し、火力発電設備の石炭ストレージからコンベヤーベルト上に運搬される石炭内部熱源の温度を測定する。

主な機能

⊙ 事前に熱および温度など、火災が発生する可能性のある要因を監視し、予測可能
⊙ 温度設定が簡単
⊙ 火災予防、または機器の故障と事故に広く適用される
⊙ 輻射熱を検知するシステムで、石炭火災予防に最も適している
⊙ 石炭内部の熱源を検出が可能
⊙ 機種のカメラシステムまたは水撒きシステムと一緒に 高い相互運用性と互換性を持つ

仕様
작성폼
模型 FE-N1102
外形サイズ 540mm×250mm×390mm
本体の重さ 13kg
検出範囲 200m
検出速度 30 sec
動作温度 -20℃~+50℃
視野 25˚×18˚
リレーの容量 AC 220V
定格電圧 200W
) イメージ周波数 60Hz
通信プロトコル RS-485、イーサネット